MENU

介護士転職サイトおすすめランキング13選

どの介護士転職サイトが良いの?
好条件のお仕事を見つけたい

とお悩みではありませんか?

日本全国に転職サイトはかなりの数存在しており、それぞれ特徴が異なります。
そのなかから自分にあった転職サイトを選ぶのは骨が折れる作業ですよね。

この記事では、

  • おすすめの介護士転職サイトランキング
  • 後悔しない転職サイトの選び方
  • 使わないほうが良い転職サイトの特徴

>>おすすめ転職サイトをみる

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スクロールできます

きらケア
正社員
マイナビ介護ロゴ
マイナビ
介護職
かいご畑ロゴ

かいご畑

スタッフサービス
メディカル
総合評価
特徴年間80万人が利用
未経験・無資格OK
業界最大級の求人数
総合的なバランスが◎
介護資格0円で取れる
半数以上が無資格から
9万件以上の豊富な求人
最短2日で就業可能
求人
月給33万円〜など

約55,000件

約1万件

求人数が豊富
サポート
良い情報以外も事前に共有

面接同行で安心

資格支援制度充実

きめ細やかなサポート
対応エリア
全国対応

全国対応

全国対応

全国対応
登録方法Web登録OK
オンライン1分で完了
Web・直接
Web面談OK
電話・直接
電話面談OK
Web登録OK
オンライン1分で完了
\ 完全無料で登録 /
\ 公式サイトはこちら /
\ 公式サイトはこちら /
\ 公式サイトはこちら /

contents

介護士おすすめ転職サイト・求人サイトランキング

介護士転職で失敗しないためには以下のポイントを抑えて転職サイトを選ぶと安心です。

  • 2社以上の転職サイトを併用
  • 求人数の多い転職サイトに登録
  • 介護職に特化した転職サイトを利用

ここでご紹介している転職サイトの2〜3社に登録しておくと、
よりたくさんの求人を比較でき、転職活動を有利にすすめることができますよ。

サービス求人数コメント
きらケア
正社員
約47,000件未経験・無資格OK
月給33万円以上など好条件多数

年間80万人が利用!
マイナビ
介護職
約55,000件介護士転職エージェント
利用者認知度No.1
業界大手のマイナビが運営
かいご畑約10,000件無資格・未経験OK
働きながら
0円で介護資格が取れる

1位:きらケア介護求人

きらケア介護求人
  • 未経験・無資格もOK
  • 月給33万円以上の好条件求人多数
  • 年間80万人が利用

きらケア介護は、完全無料で利用できる介護転職に特化した転職サイトです

年間80万人以上が利用しているサービスで、10万件以上の施設・求人の中からあなたの希望条件や雰囲気にあった求人を紹介してくれます。
紹介時には、求人票に載っている情報だけでなく職場のリアルな情報、「離職率」「人間関係」などのネガティブな要素も教えてくれるため、入社後のミスマッチが起きづらく安心です。

また、未経験や無資格からも応募できる求人を多数抱えており、他業種からの転職にもおすすめです。
月給33万円以上や週休2日、残業少なめなど好条件の求人も多い転職サイトのため、介護職で転職を考え始めたらまず登録しておくべき転職サイトです。

登録はオンラインから約1分で完了。
もちろん相談だけでもOKなので、転職を決めていないけど話を聞きたい、という方もぜひ登録してみてくださいね。
>>公式サイトを見る

求人数約47,000件
対応エリア北海道・宮城・東京・
神奈川・埼玉・千葉・
群馬・茨城・栃木・
愛知・静岡・大阪・
奈良・京都・兵庫・
広島・福岡
公式サイトhttps://job.kiracare.jp/

\ オンライン登録!相談だけでもOK /

2位:マイナビ介護職

マイナビ介護職
  • 介護士転職エージェント利用者認知度No.1
  • Webから約1分で登録完了!
  • 業界最大級の5万件以上の求人数

マイナビ介護職は、新卒採用で有名なマイナビグループが運営している介護特化型の転職サイトです。
約40年間人材関連ビジネスを行ってきた実績があり、医療業界での採用・転職支援にも強みがあります。
長年築いてきた信頼から約5万件以上の求人があり、求人票の情報以外にも人員構成や職場の雰囲気など内情まで教えてくれます。

転職サポートも充実しており、面接対策や給与交渉、不安な方には面接同行もしてくれるので安心です。
マイナビ介護職は「介護職転職支援サービスのご利用者満足度No.1も獲得しており、介護職での転職を考えるすべての方におすすめできる転職サイトです。

登録はWeb上から約60秒で完了します。
Web面談と1対1の対面面談を選べ、転職の条件や目的を明確にできます。

>>公式サイトを見る

※介護職の転職支援サービス19ブランドにおける調査。調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

求人数約55,000件
対応エリア全国対応

[拠点]
東京・埼玉・神奈川・
千葉・群馬・静岡・
愛知・大阪・京都・
兵庫・北海道・宮城・
石川・新潟・岡山・
広島・香川・福岡・
鹿児島
公式サイトhttps://kaigoshoku.mynavi.jp/

\ オンライン約1分 /

3位:かいご畑

かいご畑

かいご畑は、無資格・未経験の介護士の方にもおすすめできる介護士転職サイトです。

全国各地に求人が存在するため、地方エリア在住の介護士にもおすすめできます。

特に細かい希望条件による求人選びが可能であり、「高時給」「週3日」「日勤のみ」など転職者の希望条件に合わせて、求人に申し込むことができます。

働きながら0円で介護資格を目指すことができる「キャリアアップ応援制度」もあるため、スキルアップしたい要望にも答えることができます。

求人数10,090件
対応エリア北海道、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、茨城、栃木、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、岡山、奈良、福岡、佐賀、広島、山口
公式サイトhttps://kaigobatake.jp/

4位:ミラクス介護

ミラクス介護

ミラクス介護は、介護士に特化した転職サイトです。
医療福祉業界に精通した企業が運営しているため、実績も豊富です。
また求人数は、非公開求人とあわせ10万件超。
その豊富な求人の中からあなたにあったお仕事を紹介してくれます。

未経験から挑戦できる求人も多数掲載されており、介護職未経験の方、ブランクが不安な方にもおすすめです。

また、コンサルタントのサポートも充実しています。
求人探しから選考対策まで、一貫して専任の担当者がサポートしてくれ、安心です。
介護職がおすすめする求人サイトNo.1も獲得しています。

求人数89,130件
対応エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県
公式サイトhttps://kaigo.miraxs.co.jp/kaigo

5位:介護ワーカー

介護ワーカー
介護ワーカーは、株式会社トライトキャリアが運営している、介護士に特化した転職サイトです。

公開求人は79,000件
非公開求人18,000件
と求人数が豊富で、全国に対応しています。
郊外エリアでもしっかり求人数があるため、首都圏以外在住の方も利用しやすいです。

また、介護ワーカーは転職者に寄り添ったサービスが特徴で、求人を無理に押し付けない、求人の内部情報を提供するということが徹底されています。

求人数79,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://kaigoworker.jp/

6位:MC介護のお仕事

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営している、介護に携わる方を支援する転職サイトです。
求人情報やキャリアコンサルタントの機能だけでなく、人材紹介・人材派遣など、多様な働き方を提案してくれます。
1日からお仕事を探すことができ、短期〜長期まで幅広い求人を扱っています。

全国対応で、地方での介護士求人を探している方にもおすすめです。

登録は、30秒で完了します。
スピード感早く転職活動を進めたい方は、ぜひ登録してみてくださいね。

求人数11,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://mc-kaigo.net/

7位:ジョブメドレー介護

ジョブメドレー介護

ジョブメドレー介護は、介護業界の転職に特化した転職サービスです。
医療・福祉業界でジョブメドレーという大型求人サイトを運営しており、幅広い求人を扱っています。

求人数は7万件を超え、幅広い選択肢から条件にあった求人を見つけることができます。
地域別、職種別、施設別など、色々な条件で求人検索ができます。

また、豊富な求人の中からあなたにあった求人を紹介してもらえる「スカウトサービス」も利用でき、自分に合った求人がわからない方にもおすすめです。

求人数約75,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://job-medley.com/hh/

8位:キララサポート介護

キララサポート介護

キララサポート介護は、デイサービス等を運営しているモード・プランニング・ジャパンが運営している介護士転職サイトです。
求人数は他サイトと比べて多くはありませんが、介護業界を熟知したアドバイザーがあなたにあった求人を紹介してくれます。

また、キララサポート介護の求人サイトでは、「生活タイプ別」に求人が特集されており、あなたの生活スタイルにあわせてお仕事を探すことが出来ます。

求人数約5,300件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://kirara-support.jp/kaigo

9位:カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の転職に特化した転職サイトです。

全国4万を超える求人があり、首都圏・地方エリアどちらもカバーしています。

転職後も働きやすいように職場の人間関係や雰囲気をしっかり教えてくれます。

求人数56,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.kaigojob.com/

10位:ウェルクルー

ウェルクルー

ウェルクルーは、株式会社クラピスが運営する、介護士特化の転職サイトです。

ウェルクルーでは、ウェルクルー独自のサービスである「WellCrew Support」という転職エージェントサービスを展開しています。
介護業界経験者が転職者を支援してくれるため、的確なアドバイスを受けられます。

また一般に公開されていない非公開求人も豊富です。

求人数5,335件
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、関西、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、東海、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、北海道、北海道、東北、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、甲信越・北陸、長野県、新潟県、山梨県、富山県、石川県、福井県、中国、広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県、四国、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、九州・沖縄、福岡県、熊本県、鹿児島県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、沖縄県
公式サイトhttps://wellcrew.net/

11位:介護求人ナビ

介護求人ナビ

介護求人ナビは、介護業界の転職・派遣に特化した転職サイトです。

転職ノウハウや転職を経験した方のリアルな面接レポート、職種ごとのの平均給与が記載されている給与データも見ることが出来ます。

また、介護系の中でも多くの職種を扱っており、ケアマネージャーやリハビリ、看護系の職種もあります。

求人数約42,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.kaigo-kyuujin.com/

12位:e介護転職

E介護転職

e介護転職は、全国7万件の求人を紹介してくれる転職サイトです。介護職の転職に特化しています。

1999年から介護事業を展開している株式会社ベストパーソンが運営しているため、業界のノウハウが蓄積されています。
転職初心者の介護士でも情報収集をしながら、転職活動を進めていくことができます。

転職エージェントではなく、転職サイトなのでサポートを受けることはできません。
転職エージェントと併用してより多くの求人を探すことに活用できます。

求人数約70,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.ekaigotenshoku.com/?chesta

13位:しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビは、株式会社サクシードが運営している介護転職に特化した転職サイトです。

しろくま介護ナビに掲載されている求人は、ホワイト施設が多数あります。
有給が取りやすい、残業が少ない求人が多く、働きやすい求人が多数掲載されています。

プライベートを重視したい方におすすめです。

求人数非公開
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉
公式サイトhttps://www.heartful-kaigoshi.jp/

関連記事:
・転職サイトおすすめランキング|評判・口コミ比較

正しく介護士転職サイトを選ぶ3つの基準

正しく転職サイトを選ぶことで転職後に後悔しない転職につなげることができます。

ここでは重要な3つの基準をご紹介いたします。
>>おすすめの転職サイトを見る

転職サイトを選ぶ3つの基準
・求人が多い
・求人情報が豊富
・担当者との相性

上の2つは登録前に比較できますが、最後の1つは登録後に比較できます。
転職サイトは無料で登録でき、登録の解除もすぐにできますのでいくつか登録して比較してみてくださいね。

求人が多い

求人数が多ければ多いほど、あなたのお仕事の幅は広がり、より条件にあった求人に出会いやすくなります。

介護系の求人が全体で10,000件以上の転職サイトを利用がおすすめです。

また、求人数以外にも、非公開求人数や独占求人の数も確認しておくとよいでしょう。
転職エージェントの場合、非公開求人を数多く紹介してもらえる可能性があります。

好条件の求人や大手企業の求人は非公開の場合が多いです。

求人情報が豊富

掲載している求人情報も確認しておきましょう。

転職サイトによっては、求人に職場の雰囲気も書いてくれています。
また転職エージェントを利用すると職場の人間関係や内部事情を口頭で教えてくれるため、転職後もミスマッチがおきづらいです。

担当者との相性

複数の転職サイトに登録したあとは担当者との相性も確認しましょう。

エージェント型転職サイトの場合、あなたの担当者になってくれるアドバイザーは転職成功まで二人三脚になってくれる存在です。
相性がよくうまくサポートを利用できると転職をかなり有利に進めることができます。

ただ担当者のなかには利益のために適当な求人を紹介したり、転職を急かしてくるひともいます。
また連絡頻度ややりとり、雰囲気など合う合わないもひとによって異なります。

しっかり確認しておきましょう。

介護士転職サイトのメリット

介護士の方の転職方法は
・ハローワークで相談
・求人サイトで自分で探す
・転職サイトを活用する
などがあります。

なかでも転職サイトの利用がおすすめですが、その理由を説明していきます。

専任のアドバイザーがサポート

介護転職に特化した専任のアドバイザーがあなたの転職を「無料で」サポートしてくれます
転職が決まった段階で企業から報酬を受け取る仕組みになっているため、転職者は無料で利用することができます。

サポート内容は、
・あなたにあった求人を紹介
・書類選考対策
・面接対策
・キャリア相談
・交渉代行
・内定後サポート
など幅広いです。

選択肢が増える

ほかでは見れない非公開求人を見れるのも嬉しいポイントです。
ハローワークや求人サイトには掲載されていない独自のネットワークで集めた求人が掲載されているため、数多くの求人のなかから自分にあったお仕事を選ぶことが出来ます。

ミスマッチが起きづらい

転職時に怖いのは、転職先とのミスマッチです。
せっかく転職したのに前職よりも待遇が悪い、人間関係がギスギスしていてまた転職したい…なんてことになったら転職を後悔してしまいますよね。

ハローワークや求人サイトは通常、基本的な条件が掲載されているだけで内部事情までは聞けないことがほとんどです。
面接時は企業もありのままを見せてくれるわけではないため、判断しづらいでしょう。

転職サイトは担当者が直接施設に足を運んでヒアリングしていたり、これまでその転職サイトを通じて施設への転職を決めた方からの口コミを集めています。
そしてその情報をしっかり教えてくれるため、転職後のミスマッチが起こりづらい環境です。

>>おすすめの介護士転職サイトに戻る

介護転職サイトのデメリット

転職サイトの利用にはメリットが多数ありますが、逆にデメリットもあります。
デメリットも理解しつつ、転職サイトを活用してくださいね。

エリアによって偏りがある

首都圏の求人は豊富にあるケースがほとんどですが、郊外や地方の求人は少ない場合があります。
求人数が10,000件以上ある転職サイトであれば、地方の求人もカバーできていますが、首都圏に比べると数は少ないです。

ですが、ハローワークや求人サイトも同じデメリットがあります。
そのため、より多くの求人を見るためにもハローワークなどとあわせて複数の転職サイトへの登録がおすすめです。

担当者との相性が重要

専任の担当者との相性によって使いやすさや転職スピードが変わってしまいます。
連絡頻度や条件のすり合わせがうまくいかない場合は他の転職サイトの利用も考えましょう。

最初から複数の転職サイトに登録しておくことでリスクをおさえることができますよ。

介護士転職の失敗パターンと対策

介護士の転職が失敗してしまう例とその解決策を解説します。
しっかりポイントを抑えてあなたの転職を成功させてくださいね。

想定していた条件と違う

自分の考えていた業務内容や条件と違うこともよくあります。
希望の条件を曖昧なまま転職先がきまったとしても、転職後にあやふやな気持ちが残ってしまうことも。

また、一般企業は、雇用契約を結ぶときに「労働条件通知書」をだし、勤務時間や給与など基本的な条件をしっかりと明示します。
しかし、介護施設によってはこの「労働条件通知書」を発行せず口頭だけで説明を終えてしまうことも。

その後、実際に働いてみて聞いていた話との差が生じた場合でも根拠を示しづらいためトラブルにつながります。

こんなトラブルをさけるためにも、転職先が決まったあとも必ず労働条件通知書を受け取るようにしましょう。
また事前にしっかり働く条件を明確に定めておくことで、転職後の後悔を少なくすることもできます。

激務すぎる

給料は良かったから入ってみたら人が足りず、かなり激務だった、ということもよくある失敗です。

介護業界は慢性的な人手不足で、施設によっては無理なシフトを組まれる場合も。
本当に人が足りないため、誰かが働くしかない状況になるケースもあります。

条件が特に良い場合、なにか理由がある場合がほとんどです。
一度職場見学を申し出て、職場の雰囲気や働いている方の動きなどを確認してみましょう。

未経験OKなのに時給がかなり高い、職場見学を断られるなどの場合は注意しましょう。

職場の雰囲気が悪い

人間関係のトラブルも退職理由に多いです。

いわゆるお局のような方が現場をしきっていていづらい雰囲気になっていたり、上下関係が厳しすぎるなど雰囲気が悪い施設もあります。

しっかりと人間関係までリサーチしてくれる転職エージェントへの登録や、事前の職場見学によって確認しておきましょう。
できれば社員の方と話す機会を設けられるとより安心です。

学べる環境がない

人手不足の環境だと、しっかり教育できる余裕がなく未経験でも見様見真似で仕事を進めなければならないケースもあります。
しっかり教えてもらえないことへの不満もたまりますし、それによって引き起こされたミスで利用者も困らせてしまいます。

未経験者OKとしている場合でも、事前に教育体制についてはしっかり確認しておきましょう。
大手介護施設などであればマニュアルがしっかり整備されていることが多いため、安心です。

>>介護職におすすめの転職サイトをみる

介護士におすすめの転職先

転職先を選ぶ上で抑えておきたいポイントをご紹介します。
転職サイトから紹介された施設もそのまま受け入れるのではなく必ず熟考するようにしましょう。

  • 適切な給与
  • 教育制度について言及がある
  • 就業時間が適切

適切な給与

まずは「給与」を確認しましょう。

厚生労働省によると、
・介護士の平均年収は「329万円」
・介護士の平均月収は「23.3万円」

と言われています。
参考:「平成29年賃金構造基本統計調査/厚生労働省」

平均給与を大きく上回ったり、大きく下回るような職場は避けましょう。
もちろん未経験や管理職など理由があって平均からずれているケースもあります。

未経験なのに平均年収よりもかなり高い、
資格必須なのに平均年収よりもかなり安い、
場合は離職率や人間関係、職場の雰囲気などもしっかり確認しておくことをおすすめします。

教育制度について言及がある

未経験や若手の転職の場合、教育体制は重要なポイントです。

求人に入社時研修やOJTについての記載があるか、確認しておきましょう。
資格取得奨励制度もあるとより成長していけます。

介護士の資格としては、以下があります。

  • ケアマネージャー
  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修

資格取得や研修経験などによって、年収額も増加することもあります

就業時間が適切

介護職の現場では人手不足が続いており、残業時間が長い職場や無理なシフトを組まれることもあります。

自分のワークライフバランスに合った職場への転職は、平均残業時間やシフトの回し方などについて、確認しておくことが重要です。

介護職の転職傾向

近年、少子高齢化が進んでおり、介護が必要な方は年々増えています。
しかし、介護職は体力が必要であることなどから、人手不足の業界と言われています。
実際の数字と共に、介護士の転職市場の現状を確認していきましょう。

介護職員数の推移

厚生労働省のデータによると、2016年時点で約183.3万人が介護職員として働いています。

10年前の2006年と比べると約70万人増です。

2006年度114.1万人
2008年度123.3万人
2010年度142.7万人
2012年度163.0万人
2014年度176.5万人
2016年度183.3万人

参考:介護分野の現状等について(平成31年3月)

介護職員の従業員は年々増えています。

介護業界の有効求人倍率

1人の求職者に対してどのくらいの求人があるかを表す「有効求人倍率」で、1を上回っている場合比較的転職しやすい業界ということになります。
そして、2016年の介護士の有効求人倍率は3.02倍とかなり高い数値で、転職しやすい業界であることがわかります。

介護職員の人数は年々増えていますが、需要も徐々に上がっていることが伺えます。

介護士使えない転職サイト

以下で紹介するような転職サイト・エージェントは、使っても失敗に繋がる可能性があるため、別の転職サイトの利用がおすすめです。

面談が雑

稀に担当者の対応が悪い場合があります。
ヒアリングも雑で、あなたが伝えたい条件がちゃんと伝わらない可能性もあります。

担当者と話していて、伝わらないと感じた場合は他の転職サイトを利用してみましょう。

どうしてもその転職サイトを使いたい場合は、転職サイトに問い合わせてみましょう。
転職サイトによっては担当者を変更してくれる場合があります。

条件にあわない紹介が多い

最初の数回の紹介は細かい条件が合わない場合が多いです。
ですが、断る理由を伝えることによって徐々に条件にあった求人を紹介してくれるようになります。

何度もやりとりをしたのに条件にあわない求人ばかり紹介される場合は、他の転職サイトを利用しましょう。

総合型転職サイト

介護職の転職では、介護士に特化した転職サイトを使いましょう。

総合型の転職サイトは、介護職の求人が少なく、専任エージェントも業界に精通していない場合が多数です。
一方、介護士特化型転職サイトでは、介護施設とのつながりがあり他にはない求人が見れ、業界を熟知したコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

介護転職サイトの利用方法

Web登録

まずは、各介護士転職サイトの公式サイトから登録します。
登録は約1分で完了します。

登録内容は、各転職サイトごとに異なりますが、通常基本情報と簡単な条件を登録します。

  • 氏名・年齢等の個人情報
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • 希望勤務地

簡単なヒアリング

担当コンサルタントから電話やメールで連絡が来ます。
その連絡で以下のような内容をヒアリングされます。

  • 転職希望時期
  • 希望職種
  • 希望年収

ヒアリング後は、次回のキャリアカウンセリングの日程を決定します。

担当者とカウンセリングを行う

対面もしくはオンラインで、条件等のすり合わせのための面談を行います。
経歴の深堀りと、キャリアプラン、希望条件を詳しくヒアリングされます。

ここで伝えた情報をもとに求人を探してくれるためしっかり伝わるように優先順位なども伝えておくとよいでしょう。

コンサルタントは、転職成功まで一緒に長く転職活動を進めていく存在です。
この段階で、「少し合わない」と感じたら、他の転職サイトを使ってみても良いでしょう。

求人の紹介

カウンセリングの内容をもとにあなたにあった求人を紹介してくれます。
10〜20社程度の求人が紹介されることが多いです。

非公開求人もこの時点で紹介してもらえます。

幅広い選択肢の中から転職先を選べるように、複数の転職サイトを利用しておきましょう

書類添削・面接対策

よい求人が見つかったら次は選考にうつります。
通常、履歴書・職務経歴書の提出を求められることが多いため、書類を準備します。
履歴書や職務経歴書は内容を転職エージェントに確認してもらうことができます。

その職場にあわせて書類を添削してくれます。

また、職場ごとに面接対策もおこなってくれます。
面接に不安のある方はぜひ一度相談してみましょう。

応募

履歴書の準備とあわせて応募に進みます。
転職エージェントを利用すると推薦状を一緒に提出してくれますので自分の魅力をしっかり伝えてもらいましょう。

また、面接日時も担当コンサルタントが調整してくれます。
面接練習が必要な場合は事前に相談しておきましょう。

面接

介護施設の方と面接を行います。
転職エージェントによっては職場まで一緒に同行してくれます。
緊張が不安な方はお願いしてみても良いでしょう。

面接では、以下のような内容がよく聞かれます。

  • 介護職を志望した動機
  • 転職理由
  • その会社の志望動機

内定・転職後サポート

面接が通ったら「内定」です。
給与や入社日の交渉は担当コンサルタントに任せます。

また、退職理由や伝え方、入社時の書類などについてもコンサルタントにアドバイスをもらうことができます。

介護転職サイトの活用法3選

介護士転職を成功させるためには転職サイトをしっかり活用する必要があります。
納得のいく転職にするためにも転職サイトの活用方法をしっかり抑えておきましょう。

サポートは活用する

エージェントサポートはできるだけ活用しておきましょう。

  • 書類添削
  • 面接練習
  • 非公開求人の紹介
  • 退職サポート
  • 入社後サポート

などさまざまなサポートを受けることができます。

特に非公開求人の紹介は転職を成功させるためにはとても重要です。
担当者とはこまめに連絡をとって良い求人を送ってもらうようにしましょう。

転職サイトを併用する

1つの転職サイトにしぼってしまうと、

  • 担当者との相性が悪かったらまた登録から始める必要がある
  • 求人の質や担当者を比較できない

などのデメリットがあります。

複数の転職サイトに登録することで転職サイト選び失敗のリスクが減ります。

転職意思を明確に

転職サイトの担当者は転職する気がない場合、しっかりしたサポートをしてくれないことがあります。
転職者が転職しないと売上につながらないため、サポートを受けたい場合は転職時期や転職意思は慎重に伝える必要があります。

明確に時期は決めていない方は良い求人があればすぐ転職したい、と伝えておきましょう。

介護士転職Q&A

介護士のキャリアアップは?

介護士のキャリアアップは以下の選択肢が一般的です。

  • 資格取得を目指す
  • 役職を目指す

介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士などさまざまな資格をとっていくとよいでしょう。
介護福祉士の資格を取得すると保有資格なしよりも月収で平均5万円程度の差があるようです。
1年にすると60万円もかわるため年収を上げたい方は資格取得にチャレンジすることをおすすめします。

また、資格をもっていると管理職を目指すこともできます。

未経験からも応募できますか?

できます。
介護職の場合、人手不足の状況もあり無資格OKや未経験歓迎の求人も多数掲載されています。

実際に未経験からの転職を成功させている方は多数います。

介護業界に特化した転職エージェントを活用すると転職活動がうまくいきますよ。

志望動機はどう書いたらよいですか?

志望動機は、職歴とあわせてよく見られる箇所です。
応募理由とあわせてしっかり施設のメリットになるような内容を書きましょう。
これまでの経験がどう活かせるのか、積極的な姿勢は評価されやすいです。

あわせて転職理由も考えておきましょう。
転職理由はほぼ必ず聞かれますが前職の悪口をいう方を採用したい企業はあまりありません。
特別な場合を除き転職理由はポジティブに伝えるように考えてみましょう。

ブランクからも転職できますか?

介護職は慢性的な人手不足のため、ブランクからの復帰も歓迎している場合がほとんどです。
未経験や無資格の方と比べても実務経験のある方は重宝されます。

介護士派遣やパートはどう探しますか?

転職サイトによっては派遣やパート求人も扱っている場合があります。

または正社員を考えていない、まずは派遣で働きたいという方は派遣会社への登録がおすすめです。
以下の記事でおすすめの派遣会社をご紹介していますのでぜひ読んでみてくださいね。
>>介護派遣会社おすすめランキング|失敗しない選び方紹介

夜勤がない職場はありますか。

正社員の場合、夜勤がある求人が多いです。
特にキャリアアップを目指す場合やしっかり稼ぎたいという方であればむしろ夜勤がおすすめです。

もちろん夜勤のない職場もあります。
求人数は限られますがどうしても夜勤をしたくない場合はその旨を担当者に必ず伝えておきましょう。

また、介護派遣であれば夜勤なしのお仕事もあります。
正社員にこだわらないのであれば派遣でお仕事を探してみてもよいでしょう。

介護士におすすめの転職サイトは?

介護士転職では、自分にあった転職サイトを選ぶことをおすすめします。
また1つではなく複数の転職サイトに登録しておくとリスクが分散できます。
・求人数が多い
・サポートが充実している
・担当者と相性が良い
転職サイトを選びましょう。

介護士から異業種への転職は可能?

もちろん可能です。
営業職や事務職、接客業は未経験も積極的に採用している傾向にあります。
また、介護職での経験を活かせる保育士や看護助手、医療事務なども人気です。

総合型転職サイトへの登録がおすすめです。

介護士転職サイト まとめ

この記事では、介護士におすすめの転職サイトをご紹介しました。

介護士に特化した転職サイトを利用すると、詳しい求人情報を知ることができたり、選考対策を受けることが出来るなど多大なメリットがあります。
ぜひ自分にあった転職サイトに登録してみてくださいね。