MENU

IT/WEBエンジニアにおすすめの転職サイト比較ランキング15選

エンジニアが使える転職サイトは?
未経験からでも使える転職サイトは?

など自分にあった転職サイトをお探しではありませんか?

この記事では、

  • エンジニアおすすめ転職サイトランキング
  • 職種別、地域別おすすめ転職サイト
  • フリーランスにおすすめの転職サイト

をご紹介しています。
気になる部分はぜひ読んでみてくださいね。

contents

IT/WEBエンジニア向け転職サイトおすすめランキング

ここから、エンジニアにおすすめの転職サイトランキングをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

POINT!
エンジニア転職を成功させるには、ご紹介する企業の中から大体2~3社を複数登録するのがおすすめです。

複数の転職サイトに登録することで多くの非公開求人に触れることが出来るだけでなく、相性の良い担当者に出会える可能性が高まるからです。

1.dodaエンジニアIT

dodaエンジニアIT

dodaエンジニアITは、ITエンジニア向けの案件に特化した転職エージェントです。

国内最大級の転職サービスであるdodaが運営しています。

一般的なキャリアアドバイザーとは違い、「プロジェクト担当」と呼ばれる、企業側の採用活動の支援を行う担当者がつき、2名体制で転職をサポートしてくれることが特徴です。

企業の内情を知っているため、適切な対策を取れるので採用されやすく、企業とのミスマッチを防ぐこともできています。

求人数約20,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/engineer/

2.DYM IT転職

DYM就職

DYM IT転職は、エンジニア向けの転職エージェントで、中でも若い世代に強い転職エージェントです。

現職のエンジニアだけでなく、ニートやフリーターなどの未経験者、また職歴が浅い方でも希望に合う求人を紹介してくれます。

大手企業を中心に多数の企業が求人を掲載。転職成功者も14,000人を超える実績ある転職サイトです。

また、求人紹介だけでなく転職サポートも行っています。

具体的には、面接練習や書類添削、服装指導などのサポートで、満足度も非常に高いです。

就職活動未経験の方でも安心して転職活動を行うことができるおすすめの転職エージェントです。
>>公式サイトで詳細を見る

求人数非公開
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.dshu.jp/

3.ギークリー

ギークリー

ギークリーは、エンジニアの中でも、ソーシャルゲーム業界や、IT・WEB業界の転職に特化した転職サイトです。

これまでにギークリーを利用して転職を成功させた利用者のうち、約75%が年収UPを実現しています。
また、ユーザーからの満足度も85.3%と、非常に高い評価を受けています。

内定までの期間が短い傾向があり、一般的な転職エージェントの転職期間が平均2ヶ月なのに対し、ギークリーでは平均1ヶ月とスピーディに転職できる可能性が高いです。

求人数約10,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.geekly.co.jp/

4.TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

TechClipsエージェントは、notari株式会社が運営するITエンジニア専門の転職サイトです。

求人の内容は高収入・高待遇など、条件が良い求人が多く、キャリアアップを目指す方におすすめです。

キャリアアドバイザーは転職経験のある現役エンジニアが担当してくれることが特徴で、ITエンジニアのキャリアについて造詣が深く、親身になって対応してくれます。

求人数約1,000件
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉
公式サイトhttps://agent.tech-clips.com/

5.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材大手の「パソナ」が運営する転職エージェントです。

特化型というよりはどちらかといえば幅広い職種・業界の求人案件を取り扱っていて、全国の都道府県に拠点があるため、都心・地方に関わらず求人を探すことができます。

求人数は膨大な上、実績も豊富で利用者からの満足度も高い転職エージェントです。

キャリアコンサルタントによるサポートも丁寧と利用者から評判で、エンジニア転職経験者はもちろん、初めての転職や慣れない異業種への転職で不安がある方におすすめです。

求人数約35,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

6.グリーン(Green)

グリーン

グリーンは、IT業界でも最大級の転職エージェントで、20,000件以上の求人を取り扱っています。

お気に入りに登録した求人情報と似た求人を自動で紹介してくれる「レコメンド機能」や、企業側から登録者に対してメッセージを送信できる「スカウト機能」など、転職活動を効率的に進めることができる機能が充実しています。

無料で求人情報が掲載できるため、設立してから日が浅いベンチャー企業も多く、ベンチャー企業への転職を目指している方におすすめです。

求人数約20,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.green-japan.com/

7.社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは、社内SEに特化した転職サイトで、アイムファクトリー株式会社が運営しています。

社内SEの分野に特化することで、専門求人案件を幅広くカバーしているので希少な求人案件も紹介してもらえます。

専属のキャリアアドバイザーが、転職事情や市場動向も踏まえて手厚くサポートしてくれるので、ユーザー満足度も97.1%と高い評価になっています。

社内SEは、マネジメント感覚と専門性の両方を要求される人気のお仕事ですが、少しでも興味があれば登録してみましょう。

求人数約6,500件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://se-navi.jp/

8.マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営するIT業界に特化した転職エージェントです。

ITコンサルタントやシステムエンジニア、プログラマー、データベースエンジニアなど、IT業界全般の職種を幅広くカバーしています。

同社の提供する転職サポートは非常に手厚く、転職が初めての方でも安心して利用できます。

また、ハイクラス求人にも対応しているため、キャリアアップを目指す方にもおすすめです。

>>公式サイトで詳細を見る

求人数約15,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/it/

9.ワークポート

ワークポート

ワークポートは、IT業界に特化した転職エージェントで、15年以上の歴史を持っています。

ワークポートは、オリジナルの転職活動支援アプリ「eコンシェル」を提供していて、面接スケジュールの管理機能や、希望に合う求人を紹介するレコメンド機能など、転職活動を効率的に進められる機能が揃っています。

また、同社は転職エージェントだけでなく、無料で受講できる「みんすく」というエンジニアスクールも運営しています。

転職活動を進めつつプログラミングスキルをも習得できるため、ITエンジニア転職を目指す未経験者にもおすすめです。

>>公式サイトを見る

求人数約40,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.workport.co.jp/

10.レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界エンジニアやデザイナーの転職に特化した転職エージェントです。
キャリアアドバイザーにはエンジニア出身者も多く在籍していて、専門的な技術の知識が必要な相談にも乗ってもらうことができます。

現役エンジニアの観点からGitHubに対するフィードバックもしてくれるため、IT業界での自分の市場価値を高めたい方におすすめです。

また、扱っている求人はハイクラスなものも多く、キャリアアップにもおすすめです。
>>公式サイトで詳細を見る

求人数約10,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://career.levtech.jp/

11.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは人材大手である、株式会社リクルートが運営するハイクラス限定の転職エージェントです。

幅広い業界・職種の求人を扱う総合型の転職エージェントですが、IT・WEB系の求人も豊富に掲載されています。

ハイクラス転職に特化していて年収800万~2,000万円クラスの求人も多数取り扱っています。

登録後は優秀なヘッドハンターからのスカウトを待つだけでいいので、忙しいあなたにもぴったりです。
>>公式サイトを見る

求人数約20,000件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

12.GEEKJOB

GEEKJOB

GEEKJOBは、ITエンジニアの転職に特化したプログラミング学習スクールです。

24時間いつでもオンラインで学習を進めることができるコースが用意されており、転職に必要な学習を進めつつ並行して選考を受けることでとにかくスピーディーな転職活動ができます。

転職メンターとよばれるキャリアアドバイザーからは転職サポートを受けることができ、面接の練習や精神面のサポートに至るまで、徹底してサポートしてくれます。

求人数約500件
対応エリア東京・埼玉・千葉・神奈川
公式サイトhttps://camp.geekjob.jp/

13.TECH ACADEMY

TECH ACADEMY

TECH ACADEMYは、大手プログラミングスクールです。

マンツーマンでレッスンをし、学習後の転職活動までサポートしてくれるサービスを提供しています。

未経験者や知識の浅い方でも、一からプログラミングの知識を学習でき、エンジニアとしての知識や能力を養うことができます。

また、受講生全員が利用することができる掲示板チャットも用意されていて、受講生同士で切磋琢磨しながら、エンジニアに必要なスキルを身につけることができます。

求人数約1,000件
対応エリア東京
公式サイトhttps://techacademy.jp/

14.侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、ITエンジニア向けのプログラミングスクールです。

現役エンジニアによるマンツーマンのレッスンが特徴で、丁寧に教えてもらえるため未経験からのITエンジニアへの転職を目指している方におすすめです。

さらに完全オンラインで受講できるため、普段忙しく、学習時間がなかなか取りづらい方でも自分の生活スタイルにあわせた学習プログラムを組むことができます。

求人数約2,000件
対応エリア東京・大阪
公式サイトhttps://www.sejuku.net/

15.Pro Engineer

Pro Engineer

プロエンジニアは、インターノウス株式会社が運営しているITエンジニアのための転職エージェントです。

正社員求人だけでなく、人気のフリーランス求人も扱っています。

javaプログラミングやlinuxサーバーの構築など、通常のITスクールに通うと高額な専門性の高い研修プログラムを、無料で受講できます。

現在すでにフリーランスエンジニアとして活躍している方、またはフリーランスへの転向を希望している方におすすめです。

求人数約3,500件
対応エリア北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://proengineer.internous.co.jp/

関連記事:
転職サイトおすすめランキング|評判・口コミ比較

希望別おすすめ転職サイトランキング

この章では「未経験におすすめ」「ベンチャー志望におすすめ」といった、希望条件別のおすすめエンジニア転職エージェントをまとめました。

未経験からの転職におすすめ

サービス求人数コメント
ワークポート約40,000件未経験からのITエンジニア転職に
スマホでも転職活動可
DYM転職非公開未経験やフリーターにおすすめ
手厚い転職サポート
Pro Engineer約3,500件無料でIT研修
フリーランス志望にも◎

ベンチャー志望の方におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり
グリーン(Green)約20,000件ベンチャーに強い転職エージェント
女性が活躍できる案件多数

大手企業への転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
レバテックキャリア約10,000件ハイクラスや大手に強い
エンジニアとしてキャリアアップも目指せる
リクルートダイレクトスカウト約20,000件ハイクラス専門
スカウトメインで負担少

管理職を目指す方におすすめ

サービス求人数コメント
レバテックキャリア約10,000件ハイクラスや大手に強い
エンジニアとしてキャリアアップも目指せる
リクルートダイレクトスカウト約20,000件ハイクラス専門
スカウトメインで負担少
TechClipsエージェント約15,000件大手企業への転職に強い
キャリアアップや高年収・好待遇も

3 職種別おすすめ転職サイト

ここでは、エンジニアの中でもSEやwebエンジニアといった特定の職種におすすめの転職エージェントをまとめています。

システムエンジニア(SE)の転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
レバテックキャリア約10,000件ハイクラスや大手に強い
エンジニアとしてキャリアアップも目指せる
社内SE転職ナビ約6,500件社内SE転職に強い
ユーザー満足度◎

webエンジニアの転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
ワークポート約40,000件未経験からのITエンジニア転職に
スマホでも転職活動可
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり

機械エンジニアの転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり
パソナキャリア約35,000件転職活動が初めての方に◎
IT業界以外の求人も多数

it業界エンジニア以外の転職におすすめ

サービス求人数コメント
パソナキャリア約35,000件転職活動が初めての方に◎
IT業界以外の求人も多数
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり
ワークポート約40,000件未経験からのITエンジニア転職に
スマホでも転職活動可

4 地域別おすすめエンジニア転職サイト

ここからは、地域別おすすめ転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントには全国対応のものと、地域密着のものがあるので注意が必要です。

東京の転職におすすめ

サービス求人数コメント
TechClipsエージェント約15,000件大手企業への転職に強い
キャリアアップや高年収・好待遇も
ワークポート約40,000件未経験からのITエンジニア転職に
スマホでも転職活動可
GEEKJOB約500件ITエンジニアの転職特化のプログラミングスクール
首都圏に強い

神奈川の転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
TechClipsエージェント約15,000件大手企業への転職に強い
キャリアアップや高年収・好待遇も
GEEKJOB約500件 ITエンジニアの転職特化のプログラミングスクール
首都圏に強い

大阪の転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり
パソナキャリア約35,000件転職活動が初めての方に◎
IT業界以外の求人も多数

札幌の転職におすすめ

サービス求人数コメント
パソナキャリア約35,000件転職活動が初めての方に◎
IT業界以外の求人も多数
DYM転職非公開未経験やフリーターにおすすめ
手厚い転職サポート
レバテックキャリア約10,000件ハイクラスや大手に強い
エンジニアとしてキャリアアップも目指せる

名古屋の転職におすすめ

サービス求人数コメント
dodaエンジニアIT約20,000件IT、エンジニア求人多数
ベンチャーから大手まで
DYM転職非公開未経験やフリーターにおすすめ
手厚い転職サポート
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり

福岡の転職におすすめ

サービス求人数コメント
マイナビITエージェント約15,000件幅広い求人から選べる
転職サポートも定評あり
ワークポート約40,000件未経験からのITエンジニア転職に
スマホでも転職活動可
リクルートダイレクトスカウト約20,000件ハイクラス専門
スカウトメインで負担少

フリーランス・副業エンジニアを目指す方におすすめの転職サイトと転職方法

いまからご紹介する転職サイトは、合計50社以上の転職サイトの中から「サポート体制」「求人数」「サイトのUI」が良好なサイトを厳選しました。

3つのサイトすべてに登録さえしておけば、沢山の求人数(選択肢)を閲覧することができ、きちんとしたサポートを受けることが可能です。

サービス名総合評価コメント
1位
DYM就職
公開求人:非公開
エンジニア経験者向け大手企業求人多数保有
2位
レバテックキャリア
公開求人:1万件
IT系の求人の質が高い転職サービス
3位
マイナビエージェント × IT
公開求人:1,9000件
徹底したサポートで初心者におすすめ

DYM就職

公式サイト:https://www.dshu.jp/
エリア:全国

「DYM就職」は、首都圏のIT企業転職に強みがある転職エージェントです。
大手企業とのパイプが非常に強く、仕事とプライベートのバランスを取りやすい福利厚生が充実している求人が多いことが特徴です。

オンライン面談で来社不要にすることも可能で、平日は夜22時迄、土日であっても面談は可能なため、普段あまり時間が取れない方でも利用ができますです。

なお、若手転職の実績が豊富なため、はじめての転職である方や転職活動に不安を覚える方に是非おすすめしたい転職エージェントとなります。

レバテックキャリア

レバテックキャリア
公式サイト:https://career.levtech.jp/
求人数:10,000件以上 ※非公開求人含む
エリア:全国(主に東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、福岡県)

「レバテックキャリア」は、IT業界におけるエンジニア・クリエイターに特化した転職エージェントです。

年間3,000回以上の企業訪問数と、業界・専門知識に富んだアドバイザーから、リアルな目線で「スキル」「キャリア」「年収」について相談しながら転職活動を進められます。

高度なスキルが求められるエンジニアに特化した転職支援であるため、履歴書・職務経歴書やポートフォリオの添削、面接の対策などを手厚くサポートしてもらえます。また、LINEで気軽に相談も可能です。

レバテックキャリアを利用した60%以上の人が年収が約50万円も年収UPしているため、年収を上げることにも期待できます。

関東・関西・大阪・福岡を中心に日本全国へ展開しており、特に関東圏に求人が集まっています。関東圏での転職をお考えの方には特に登録をお勧めしたいサイトです。

マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/
求人数:19,000件以上 ※非公開求人含む
エリア:全国

「マイナビエージェント × IT」は、20代・30代・第二新卒に人気の、ITやエンジニアに特化したマイナビが運営する「エージェント型」の転職サイトとなります。

15,000社以上もの取引社数があり、求人数は公開求人数だけで約19,300件と豊富です。非公開求人や独占求人も多数あり、8割の求人情報は「非公開求人」になっています。そのため、より良い求人に出会うためには登録が欠かせません。

ITコンサルタントや社内SEの特集ページもあるなど、サイト内は情報量が多く転職活動に役立ちます。

エージェントは、応募書類の添削はもちろん、面接対策や転職後のフォローに至るまで、しっかりサポートしてくれます。そのため、はじめての転職である若者に人気です。なお、IT業界に精通したコンサルタントと気軽に話が出来るため、悩み等相談しやすいと評判です。

転職の方法

エンジニアに特化した転職支援サービスは多くありますが、各サービスに強みがあって条件・経験等によりおすすめのサービス内容は異なります。
ここでは、特にあなたにとって最適な転職サイトを選択するためのポイントをご紹介します。

転職の方法
  • 自身の市場価値を知る
  • 情報の質・求人数を確認する
  • サポート体制の確認

自身の市場価値を知る

ご自分に合った転職サイトを選ぶために、まずあなたの経験・過去実績からエンジニアとしての市場価値を客観的に把握しましょう。
経験と合致していない転職サイトに登録してしまうと、そもそも求人の紹介をしてもらえない場合もありえます。

IT業界は常に人手不足ですが、年々エンジニアも増えており未経験や1〜2年未満の経験者のニーズは減少しています。

そのため、経験者向け・ハイクラスの転職サイトに登録したとしても、そもそも書類選考段階で落ちてしまうなどのリスクがあります。

逆に、自分のスキルを過小評価しすぎて経験に合致していない転職サイトを選んでしまうこともあります。本来もらえるはずの年収がもらえないといったことも生じるため、自分の市場価値を知ることは重要です。

情報の質・求人数を確認する

転職活動は、情報が多いほどに視野が広がります。

特に、しっかりとこだわりを保って転職したい方、都市部以外での転職も検討してる方は、自分の条件に合致する求人が少なくとも100件以上はあるところを選びましょう。

一般的にいうと、転職まで平均して8社程度の応募が必要と言われています。100件の求人があっても内容によって自分の条件に合わないもの、雰囲気が合わないものもあります。

また、掲載されている情報量が少なすぎて判断が難しい場合もあるため、複数社の転職サイトに登録することをおすすめします。

求人数が少ないサイトであっても、1社1社に詳細な取材をして内容のある情報を掲載しているサイトも中にあります。

サポート体制を確認する

転職サイトの多くは、転職を支援してくれる「転職エージェントサービス」があります。

エンジニアで転職するには業界の最新情報を把握しているかどうかの専門性の高さも重要は指標です。
履歴書添削や面接対策、面接同行などはじめての転職で受けたい支援体制が整っている転職サイトもあれば、業界に詳しいコンサルタントが仲介して色々な交渉事をしてくれるサイトもあります。

現状にあった支援体制が整っているかどうかは、みてみてくださいね。

エンジニア転職で転職エージェントを使うべき3つの理由

転職を考えているエンジニアの方の中には、どうして転職エージェントを使うべきなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

実はエンジニアが転職エージェントを使うと、転職活動の成功率を高めることが可能となります。エンジニアの方が転職エージェントを利用すべきなのは、転職エージェントに以下のメリットがあるためです。

  • 客観的な視点を取り入れられる
  • 非公開求人に出会うことができる
  • 求人を探す手間が省ける
  • 全てのサービスを無料で利用することができる
  • 書類添削・面接対策で選考突破率が高まる

詳細の内容を詳しく見ていきましょう。

客観的な視点を取り入れられる

転職エージェントを利用することで、プロの視点での意見・考え方を知ることができます。

自力で転職活動をしているだけでは決して検討がつかないような転職の方向性、プロならではの専門的な視点からアドバイスをもらえるのはおおきなメリットです。

特に、転職成功に重要な鍵となる「自己分析」は客観的な意見が必要不可欠なため、転職エージェントに共に考えてもらうとより良いでしょう。

非公開求人に出会うことができる

転職エージェントを利用することで、一般的には公開されていない求人に出会うことができます。

非公開求人といいますが、思わぬ高年収求人や、あなたのニーズにより合致した求人に出会える可能性があります。

転職エージェントを利用していない人に比べて、格段に転職活動を有利に進めることができるでしょう。

求人を探す手間が省ける

自力で転職活動をする場合、求人サイト等から自分で求人を探す必要があるので、履歴書の作成および面接対策に時間をあてることが難しいです。

転職エージェントは、面談で希望条件を伝えれば条件に合った求人を紹介してくれます。
要するに求人を探す手間が省けるので、ほかにも対策すべきことを進めたりなど、時間を有効に活用できます。

このように転職エージェントを使えば、転職活動の効率は圧倒的に上がります。

全てのサービスを無料で利用することができる

転職エージェントの最大の良さは、ここで紹介するサポートやサービスをすべて無料で利用できることにあります。

転職エージェントにはさまざまなサポートがありますが、無料でこれらを利用できるのは最も大きなメリットでしょう。

転職エージェントを無料で利用できる理由として、転職エージェントは求人掲載先の企業から報酬を受け取っています。転職エージェントが受け取る報酬は企業や職種によっても異なりますが、だいたい転職者の年収約30~40%といわれています。

このように高い報酬が発生しているので、求職者は転職エージェントを無料で利用することが可能となっています。

書類添削・面接対策で選考突破率が高まる

転職エージェントは応募書類の添削や面接対策など、選考突破をするためのサポートが充実しています。

近年、書類の作成が得意ではない、面接の対応の仕方がわからないという方が増えてきています。
そのような方にとって、応募書類や面接のサポートを受けられるのはとても大きなメリットとなります。

なお、企業の内部事情をよく理解したエージェントが面接対策を行ってくれるため、面接で聞かれる質問や話すべき内容を事前に教えてくれるため、面接が緊張する、苦手という方でも安心です。

エンジニアが転職成功するための転職活動のポイント

この章では、転職エージェントを使う際に注意すべき点をご紹介します。
転職エージェントはとても便利なサービスではありますが、使い方を誤ると希望と合わない職場を案内されてしまう可能性があるため注意が必要です。

転職エージェント利用時に、注意すべき点としては以下の通りです。

1.連絡は素早く・こまめに

キャリアアドバイザーとの連絡は素早く・こまめに行うことを意識しましょう。
スピーディーな連絡は転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い非公開求人が紹介される可能性が高まります。

条件の良い求人は、応募が殺到してすぐに募集を締め切るものも多いです。
日頃から素早いレスポンスを心がけることでせっかくの機会を逃さないようにしましょう。

転職エージェントとの連絡頻度としては、2週間に1度くらいは連絡し、現状をなるべく伝えるようにしましょう。

連絡頻度が少なすぎると転職活動を終えたと判断され、新しい求人の紹介が優先的にしてもらえな可能性があるためです。

2.転職時期は「良いところがあればすぐにでも」と伝える

転職エージェントとの面談では、だいたい希望の転職時期を聞かれます。
その時、少し時間をかけて転職活動をしたい場合であっても「良いところがあれば前向きに検討したい」と伝えるようにしましょう。

理由は良好な求人を優先的に紹介してもらうためです。

転職したいことを積極的にアピールをすることで、転職エージェント側からの評価も高まるでしょう。
「転職時期はまだ考えていない」などと本音であっても伝えてしまうと、すぐに転職したい方と比較して優先順位は低くなります。

なお、人気のある求人は非公開ですぐに応募が終了してしまうことも多いため、優先的に紹介してもらえるように自分からもアピールしましょう。

3.経歴やスキルは正直に伝える

面談で必ず聞かれる経歴・スキルは、嘘をつかず正直に答えましょう。
入社してから「話が違う」となると虚偽発言をする人物とみなされ、紹介してもらえる求人が著しく限られる場合があります。

入社後に「スキルに合わない仕事を任されてしまった」といった事態が起きないためにも、経験やスキルは正直に伝えましょう。

あなたの希望をしっかりと正直に伝えることで、キャリアアドバイザー条件に合う求人を探してくれます。入社後のミスマッチを防ぐことにもつながるのできちんと心にとどめておきましょう。

4.希望条件は優先順位をつけたり、理由を伝える

面談前には、希望条件に優先順位をつけ、なぜその条件を希望するのか理由もきちんと考えておきましょう。

希望通りの求人を確実に紹介してもらうためには、キャリアコンサルタントと希望条件の優先順位を共有することが効果的です。
いくつか希望がある場合、優先順位があった方がキャリアコンサルタントも求人を検索しやすいためです。

すべての希望条件を満たす求人がもしもなかった際でも、希望条件がきちんとまとまっていれば、あなたの希望に似た仕事を紹介してもらえるでしょう。

5.応募はひとつの案件に対して一度だけにする

複数の転職エージェントを使っていると、複数の転職エージェントから同じ案件を紹介されることも少なくありません。

こうした場合には、重複して応募しないように気を付けましょう。
さまざまなサービスから同じ案件に複数応募してしまうと、転職エージェント側と企業側の両方を混乱させてしまいます。

場合によっては、転職エージェントと求人企業両方から信頼されなくなってしまうため、あなたにとってのデメリットとなります。

6.推薦文は確認させてもらう

転職エージェント経由で仕事に応募する場合、企業に対してエージェントはあなたの推薦文を作成し送ってくれます。

企業側はこの書類も参考にあなたの合否を検討しますので、しっかり確認しておきたいでしょう。

担当のキャリアアドバイザーによってはそのまま職務経歴書を書いているだけだったり、企業側へきちんとアプローチしてくれない場合もあります。

そのため、「客観的にみてどのような評価かを知りたい」「お話した内容と相違がないように確認しておきたい」などと伝え、どのような推薦文を書いてくれているかは確認しておきましょう。

未経験からのエンジニア転職

最近ではIT人材不足が加速しており、多くの企業が未経験者でもエンジニアの採用を進めています。
学生生活を文系として過ごしてきた方でも、未経験からエンジニアに転職するチャンスが広がっているのが現状です。

ただし未経験からエンジニアに転職する際には、よくある失敗や求人選びの注意点などがたくさんあります。
ここからはエンジニア未経験が必ず知っておくべき知識を徹底解説するので、ぜひ参考にしてください。

未経験からエンジニアになるためのステップ

ここでは、未経験からエンジニアになるためのステップをご紹介します。

プログラミングスキルを身に着ける

たとえ未経験だとしても、実務の中で技術を習得するのはなかなか難しいのがエンジニアです。

時間をやりくりして、最低限自分でもプログラミングの勉強やIT知識を学習しておくことをおすすめします。
それは実務未経験であっても、面接の場でアピールポイントにもなります。

未経験でも取れる資格を取得する

未経験でも前述のようにオンライン学習やツールを駆使して知識を習得できる方法はいくらでもあります。
以下では、エンジニアとして転職を検討している方におすすめの資格です。

・ITパスポート
・基本情報技術者試験/応用情報技術者試験
・データベーススペシャリスト試験
・システムアーキテクト試験

ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する基本的な知識やビジネスの知識を習得するための国家資格です。

これからITの勉強を始めたいと思っている方が、まず最初に受ける資格として最適です。近年、エンジニアでない方でもITスキルを高める目的として受講する方が増えているようです。ITパスポートは他の資格取得にも役立ちます。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

iTパスポートよりも幅広いプログラミングの知識が問われ、IT業界で働くための基本知識を持っているかを確かめる試験です。また、情報処理に必要な論理的思考力が身についているかも試されます。

なお、応用情報技術者試験はエンジニアをしている方でも受験対策をきちんとしないと合否が分かれると言われています。この二つの資格は『エンジニアの登竜門』とも呼ばれており、企業によっては入社には合格が必須条件である企業もあります。

試験の実施時期

毎年春・秋の2回実施されています。
未経験者にとって合格していることはより転職を有利に進めることとなるので、是非取っておきたい資格です。

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、高度資格と呼ばれるものの中でも比較的取得しやすいと言われています。

出題内容はデータベースに関する知識全般の出題で、多くのエンジニアはベンダー資格と一緒に試験を受けます。

エンジニアとして働くにはデータベースは必須の知識です。この資格は転職の際にはもちろん、入社後の人事評価でも言い形につながるでしょう。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は高度資格と呼ばれており、基本設計・外部設計などのシステムアーキテクトの業務や役割を円滑に行うための知識を要求されるものです。

試験では各業界の業務知識と共に、それらの知識を元に設計をするスキルもあるのかが問われます。上流工程を担当するシステムエンジニア向けで、非常に難易度の高い資格になります。

未経験者を募集している転職サイトに登録する

転職エージェントもぜひ積極的に活用しましょう。エージェントに依頼すれば自分のスキルや希望に合った企業を紹介してくれます。

また書類選考や面接アドバイスもしてもらえるため、自力でやるよりも合格率が上がります。未経験の場合は特に、いかに人柄や今までの他業界での実績をうまく伝えるかが重要です。

転職のプロであるエージェントの力も借りて、転職活動を成功させましょう。

エンジニアのスキルを未経験から身に着ける方法

独学で学ぶ

独学でエンジニアの知識を養うことも出来ます。SE関連の書籍を読んだり、プログラミング技術を学べるサイトを利用するのもよいでしょう。

独学はほとんどお金がかからないので、自分のペースで学ぶことが可能です。

ただ自分一人だと何を学べばいいのか路頭に迷ってしまうこともあるので、結果として他で学ぶよりも時間がかかってしまうかもしれません。

エンジニアに教わる

もし周りの友人・知人にエンジニアの方がいれば、信頼関係にもよりますがその方々に教わるのもあります。

実際にエンジニアとして働いてるため、より実務レベルでのスキルが身に着けられます。

プログラミングスクールを利用する

プログラミングの知識を学べる学校です。
プログラミングスクールは、メンターと呼ばれる方が生徒の学習サポートをしてくれます。

メンターはカウンセラーとしても機能してくれるので、学習の中でわからないことを相談したり、今後のキャリアについても相談が可能です。プログラミングスクールに通う上で、メンターがついてくれていることは最大の魅力でもあります。

プログラミングスクールによっては、学習はもちろん転職のサポートもしてくれるところがあります。

転職サポート例
・履歴書作成の支援
・ポートフォリオで提出するものの添削
・面接/ビジネスマナーの指導
・実際に就業するまでのサポート

なお、学費はスクールや受講内容によっても変わるので一概には言えませんが、10万円前後で通えるところも多いです。

ほとんどのスクールでは、無料体験会を実施しているので、まずは雰囲気だけでも確認したいというだけでもおすすめです。

プログラミングスクールは、サポート体制が臂臑に充実しているため、未経験はもちろん異業種からの転職にもおすすすめです。

未経験エンジニア転職の実態

未経験からエンジニアを目指そうと思っても、将来性がなければ無駄な努力になってしまいかねません。
ここではIT業界の市場規模やどんな企業がエンジニアを求めているのか等ご紹介します。

エンジニアの将来性

まずITは、私たちの生活になくてはならない必要不可欠なものになっています。

そのためIT業界の市場規模は拡大し続けています。今後もよりテクノロジーが進化するのに伴い、IT分野の人材の需要は伸び続けるでしょう。

よって、エンジニアの需要は増え続けます。

未経験エンジニアに人気の企業

ここでは未経験のエンジニアの方に人気がある、教育にも力を入れている企業をご紹介します。

株式会社クレスコ

クレスコは、クラウド・AIといった最新技術を使用した開発を、IT領域で幅広くサービス提供しています。

AIを活用した人材マッチングシステム、車載機器や情報家電をコントロールする開発、画像診断による医療機器の開発等多岐にわたります。

クレスコでは独自の教育プログラムを完備しており、社内で基礎技術を身に着け、その後自分に合った分野を選択肢てスペシャリストを目指すことが出来ます。

サービス内容AI、クラウド、RPA、データアナリティクス、UX・UI
本社所在地東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟 25階~27階
公式サイトhttps://www.cresco.co.jp/

トーテックアメニティ株式会社

トーテックアメニティは、官公庁や自治体の情報管理システムから、精密機械の組み込みソフトウェアを開発したりとさまざまな分野におけるシステム開発を行っています。

未経験エンジニアでも安心してチャレンジできる証として、経済産業省の「健康経営優良法人」ホワイト500にも認定されています。

企業理念にも人材育成を掲げているため、教育にも力を入れている様子がうかがえます。

サービス内容ITソリューション事業、エンジニアリングソリューション事業
本社所在地愛知県名古屋市西区名駅二丁目27番8号
公式サイトhttps://www.totec.jp/index.html

株式会社ジラフ

株式会社ジラフは、買取比較サイト「ヒカカク」、Twitterを活用した質問サービス「Peing」など、計6つのサービスを運営しているスタートアップ企業です。

2014年創業とまだ歴史の浅い会社ですが、未経験エンジニアの採用実績が多数あることで有名です。Wantedlyの記事にも実際に活躍されている未経験エンジニアの方の記事を見ることが出来ます。

未経験者を育てる教育プログラムとして、週1回業務時間内に行われるエンジニア勉強会などもあります。働きながら学び、キャリアアップまでする機会が得られます。

サービス内容複数ECサービスの運営
本社所在地東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ218号
公式サイトhttps://jiraffe.co.jp/

未経験者と求める企業数の推移

経済産業省より出されているデータによると、IT人材の需要ギャップは2018年時点で22万人、そして2030年になる頃には倍の45万人が不足するとされています。

需要ギャップとは、総需要と供給力の差のことで、企業が求めている人数に対して何人のIT人材が不足しているかを表しています。

IT人材の需要ギャップ

2018年2020年2025年2030年
22万人30万人36万人45万人

引用元:経済産業省「IT人材需給に関する調査」

IT人材需要の試算結果

ITエンジニアは、2008年には約79万人といわれていました。それが世の中のデジタル化に伴い2018年には109万人に達しました。

わずか10年で30万人も増加していることから、ITエンジニアはかなり増えたといえます。

しかしながら、前述の通りエンジニアの需要は増え続けているので、現在のペースでの増加率だと需要に追いつきません。

また、増加傾向を続けているエンジニアですが、今後はゆるやかに減少していく見込みとなっています。なぜなら、2019年をピークに入職率よりも退職率が上回っているためです。

加えて少子高齢化の影響で人口そのものが減るため、2030年には45万人ものIT人材が不足すると言われています。

以上のことから、未経験であってもきちんと基礎知識を習得すればエンジニアはかなり需要のある職業です。

参考:経済産業省『IT人材需給に関する調査』

未経験から転職成功後のキャリアプラン

では、未経験からエンジニアを目指した場合のキャリアプランの一例を、年代ごとに見ていきましょう。

年代キャリアプラン
20代の場合Webエンジニア、あるいはインフラエンジニアとして転職
→転職して正社員のエンジニアとして勤務することで、エンジニアの基礎を身に着ける。
将来的には、リーダー業務、マネジメントを経験すると良い。
30代の場合Webエンジニア、インフラエンジニアあるいはテストエンジニアとして転職
→一定水準のスキルが身に着いたら、マネジメントのポジションを目指すとキャリアの幅が広がる
40代の場合ヘルプデスク、あるいはテストエンジニアとして転職
→一定水準のスキルが身に着いたら、ITスペシャリストやプロジェクトマネージャーを目指すとキャリアの幅が広がる
50代の場合ヘルプデスク、インフラエンジニア、あるいはWebエンジニアとして転職
→マネジメント能力を生かして管理者を目指す。

他にも転職先で十分に実力が付いたら、フリーランスとして独立して仕事をするといった方法もあるでしょう。

このキャリアプランはあくまでも一例ですが、共通していることとして年齢が上がれば上がるほど、未経験からチャレンジすることのハードルは高くなります。

そのため、未経験からエンジニアを目指す場合はなるべく早めにチャレンジすることをおすすめします。

未経験エンジニア転職でよくある失敗

未経験からのエンジニア転職でよくある失敗
自分の強み・弱みを理解していない
・知名度やイメージだけで企業を選んだ
・実務内容を把握していない
・長期的な視点を持って転職してない

自分の強み・弱みを理解していない

失敗例

・「転職先で自分の良さが活かされていない気がする」
・「自分の苦手な仕事ばかり任されて疲弊している」

自分のスキルをきちんと把握した上で、強みを伸ばして弱みはなるべくカバーできるような職場を選びましょう。

強みをもっと伸ばした方がより楽しく、イキイキと働けるでしょう。ある程度社会人経験を積めば、自分の強みや弱みは自然と認知できるものです。そこをきちんと理解して無理のない選択を冷静にしましょう。

知名度やイメージだけで企業を選んだ

失敗例

・「大手だから選んだけど社風が合わなかった」
・「いざ入社したらイメージと全然違った」

知名度や対外的なイメージだけで企業を選んでしまうと、入社後のギャップに悩まされるケースもあります。

”大手だから、知名度があるから、いいイメージだから”というのと、あなたのスキルが活かせるかは=(イコール)ではありません。

また、面接官の対応の良さで入社を決める方もいますが、それも注意が必要です。
もちろん面接官の人柄が良いに越したことはありませんが、いずれにせよ表のイメージだけに先行されずに判断することが必要です。

実務内容を把握していない

失敗例

・「思っていた業務内容ではなかった」
・「未経験可と書いていたのに、プログラミングスキルが求められた」

未経験可という求人も多いですが、なるべく多くの人を面接したいために門戸を広く設けている可能性もあります。

本当にそうなのか、最低限求められることは何なのかは把握しておきましょう。

エンジニア未経験の場合は特に、一般的な仕事内容を把握するとともに、希望する会社の求めている人物像や実際に働いている方はどんなスキルを持ち合わせているのか、現在の自分に足りていないスキルは何なのかを認識しましょう。

エンジニアといっても実際の業務内容は幅広いです。
プログラミングやテストのような下流工程、クライアントとの交渉も発生する常駐工程なのか、担当する業務は正確に把握しておきましょう。

長期的な視点を持って転職してない

失敗例

・「勤めだしてからすぐ今後のキャリアが不安になった」
・「本当にこの転職先でよかったのか迷っている」

前の職場での不満から早々に転職活動を実行する人もいます。

しかし、転職は人生でも大きな転機となりうる出来事です。と同時に、今後も続くキャリアにおいて重要な選択です。

きちんと長期的な視点を持って、希望する職場環境や条件、習得できるスキル・経験などを吟味するようにしましょう。

未経験者エンジニアが失敗できない求人選びのコツ

未経験者エンジニアが失敗できない求人選びのコツ
・目指すべきキャリアを明確化する
情報収集をおこたらない
転職活動はあらゆる対策を講じる
企業の求めるスキルを正確に把握する

目指すべきキャリアを明確化する

まず目指すべきキャリアを明確化しましょう。企業としては、就業意欲や熱意のある人を入社させることで自社にいい刺激をもたらしたいと思っています。

逆に、その企業で活躍するイメージが沸かなかったり、早期退職のリスクを感じ取られてしまうと内定はもらえません。

まず転職をすることで成し遂げたいことは何か、目指すのはどのようなキャリアなのかきちんと明確化し、且つ、面接の場でも答えられるようにしましょう。

情報収集をおこたらない

転職を失敗させない重要なポイントに情報収集があります。
エンジニアへの理解はもちろん、業界や企業の動向などがあります。

またエンジニアという職種も、クライアント対応なのかプログラミングに集中するものなのかで、業務シチュエーションは大きく変わります。

客先常駐か社内業務かも個人によって適性があるでしょう。転職エージェントなどを上手く活用して、情報収集をきちんとしましょう。

転職活動はあらゆる対策を講じる

転職活動はきちんとした対策が重要です。ぜひ活用をおすすめしたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、求職者に担当者がついて転職のアドバイスや企業紹介、面接対策などを無料でやってくれます。

どんなによいスキルや経験を持っていても、選考で自分の良さを十分に伝え切れていない方も多くいます。

エージェントは転職のプロなので、ぜひカウンセリングを受けて成功のノウハウを教えてもらいましょう。

企業の求めるスキルを正確に把握する

入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業の求めるスキルは念入りに確認するようにしましょう。

適材適所な人材を配置できることが企業にとってベストです。それはもちろん、求職者側にとっても同じです。企業によっても求めるスキルやカラー・文化も異なります。

A社は合わなかったけどB社では合った、といったことも多く発生するので、企業の特性も十分に把握するようにしましょう。

エンジニア転職の成功・失敗例

この項目では、エンジニア転職の成功例・失敗例を実際の体験談をもとにご紹介します。

エンジニア転職の成功例

エンジニア転職の成功例を体験談と共にご紹介します。

スキルアップと子育ての両立

前職ではデータ集計システムの開発に携わっていました。
そこでの技術面の成長に限界を感じたのと、残業が少なく育児に理解のある会社に行きたいと思っていたことから、転職活動を始めました。
転職活動の時間を確保するのが難しかったので転職サイトを利用しましたが、カウンセリングから2週間で内定を頂くことができてとても満足しています。
新しい会社はWEBシステムの開発に携われるところで、技術の向上と育児の両方の希望を叶えることができています(男性・32歳)

開発に専念したい

SIエンジニアとして12年間勤務していました。
社内のキャリアパスは開発というより人の管理に携わるものが多く、開発をやっていきたいという私には合っていませんでした。
またWEB開発に興味があったので、WEBエンジニアとしてキャリアを積んでみたいと思うようになりました。
面接を受け始めてから1か月掛からないほどで内定をもらえましたし、今は入社して1年たつのですが、領域も広がっており面白さを日々感じられています。(女性・34歳)

ゲームAIエンジニア

前職でもゲームの開発をしていたのですが、年収をあげたかったのと新しい技術に携わりたいという気持ちで転職活動を始めました。
休みの取り方などに気を遣い、なるべく全休ではなく半休を取るようにしたりするなどしながら転職活動を行いました。
エンジニアに特化した転職サイトを利用したので、担当者の方もIT/WEB系の知識が豊富で、求人のアドバイスがとても参考になり助かりました。
無事スマートフォンアプリの開発エンジニアとして転職をすることができたので、これからはもっと自分の専門分野も活かしながら働いていきたいです。(男性・33歳)

>>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

エンジニア転職の失敗例

エンジニア転職の失敗例を体験談と共にご紹介します。

勢いで独立

システム開発会社でエンジニアとして働いていました。
4年勤めても給与面がずっと改善されずに不満を抱いていたところ、メンターの先輩に誘われて一緒にエンジニアとして独立することになりました。
しかし、2人きりの会社ということもあり、狭いオフィスで長時間作業という環境にお互い疲弊していきました。
先輩は私に八つ当たりするようになり、給料も支払ってもらえず、結局は3カ月でやめてしまいました。
そこからは人間不信になり、半年ほどとても苦しい時期を過ごしました。勢いだけで転職したことを本当に後悔しています…。(男性・27歳)

書類選考で不採用

元々組み込み系エンジニアとして働いていましたが、大手企業に勤めたいと思って転職活動を始めました。
自分はハードウェアとソフトウェアの開発の両方に携わったことがあるので、内定が出るのは早いと思っていましたが、現実は厳しかったです。
すべて書類選考で落ちました。
その後転職サイトに登録して担当者に意見を聞いた際、「ハードウェアとソフトウェアの開発の両方ができる一方、特化した経験というものがないのが大きいのではないか」と指摘されてしまいました。(男性・29歳)

安定したい

100人規模のSIネットワークの保守を行う会社で働いていました。
業績が不安定なところだったので、大手で働きたいと思い転職活動を開始しました。
ですがスキル不足が原因で、書類選考でほとんど不採用になってしまいました。
それでも面接選考に進めた会社も何社かあり、なんとか自分をアピールしたのですが、落とされてしまいました。
担当者を通してフィードバックを聞いたところ、「志望動機がよくわからない」というものが多かったです。
思えば「安定したい」というのが本音で、当たり障りのないことばかり話してしまった気がします。(男性・26歳)

>>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

ITエンジニアの転職事情

この項目では、ITエンジニアの転職事情について解説していきます。

ITエンジニアの平均年収

dodaの調査によると、ITエンジニアの平均年収は452万円(2020年12月時点)です。

全職種の平均年収が409万円であることを考えると、ITエンジニアの年収は比較的高いといえます。

ちなみに年収分布としては、300~400万円未満が28.4%と最も高く、400~500万円未満が23.4%と次に高いです。

ITエンジニアの年代別平均年収は、以下の表の通りです。

年代年収
20代372万円
30代511万円
40代615万円
50代以上691万円

ITエンジニアの転職しやすさ

dodaの調査によると、IT・通信分野の求人倍率は8.25倍です。

有効求人倍率とは
有効求職者数に対する有効求人数の割合のこと。
数値が高いほど求職者は職に就きやすい。

有効求人倍率が1を超えていると、求職者よりも求人の方が多いです。

そのことから、IT・通信分野への転職、およびIT・通信分野の一つであるITエンジニアへの転職は比較的しやすいことがわかります。

エンジニア転職におすすめの企業

エンジニア転職におすすめのホワイト企業の特徴は、主に以下の通りです。

この項目では、ITエンジニアの転職先としておすすめの企業をご紹介します。
(以下で紹介する企業が全て上記の特徴に当てはまっている訳ではありません)

おすすめ企業の特徴

  • 完全週休二日
  • 教育・研修制度が整っている
  • 残業が月に20時間以下
  • 将来性が高い事業領域・言語を扱っている

SIer系(富士通株式会社)

富士通株式会社は、通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っているメーカー系SIerです。

子会社も多くあり、それぞれ充実した福利厚生が備わっています。

2017年には、富士通は女性が働きやすい会社No.1とも発表されました(東洋経済調べ)。

テレワークやフレックス制なども柔軟に取り入れています。

従業員数126,400人
所在地〒105-7123
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

WEB系(ヤフー株式会社)

ヤフー株式会社は、Yahoo!JAPANなどを運営するWEB系企業です。

「びっくりを創る」というメッセージを掲げており、インターネット業界でリードを続けています。

その事業領域は多岐に渡り、ショッピングやニュース、映画サービスなどさまざまです。

ベビーシッター補助制度子供の看護休暇取得制度勉学休職制度などの福利厚生があり、東京オフィス・大阪オフィス・名古屋オフィスでは、マッサージを受けることもできます。

従業員数6,993人(2020年3月31日)
所在地〒102-8282
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
資本金199,250百万円(2020年6月30日)

ゲーム系(グリー株式会社)

グリー株式会社は、「インターネットを通じて、世界をより良くする。」というミッションを掲げながら、スマホゲームの開発などのゲーム事業を主に展開しています。

他にも広告事業やメディア事業、メタバース事業などを行っており、VTuberのプロデュースなどもしています。

時短・時差出勤ファミリー在宅ランチ補助・スナック補助などが福利厚生として備わっており、安心して働けます。

従業員数1,603人(グループ全体・2021年6月末時点)
所在地〒106-0032
東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー

ベンチャー系
(株式会社ワークスアプリケーションズ)

株式会社ワークスアプリケーションズは、国内では東京と大阪に、海外では上海・シンガポール・インド・チェンナイに開発拠点を持つ会社です。

財務会計・管理会計や間接材の購買業務、販売・調達管理、プロジェクト管理など様々な領域の業務をサポートするシステム開発を行っています。

他にも表計算ドキュメントの共同作成ツールや電子証憑管理システム、Chatbot製品等の提供を行っています。

テレワーク様々な福利厚生資格取得に対する補助金などが備わった働きやすい環境の会社です。

従業員数3,202人(2020年3月末)
所在地東京都千代田区麹町 2-5-1 半蔵門 PREX South 2F

エンジニアの転職後のキャリアパス

エンジニアのキャリア選択肢は、他の業種と比べ非常に多いです。
そのため、きちんとしたキャリアパスを描けていないと、将来的なキャリアアップは見込めなくなってしまいます。

こちらの章では、転職にあたってどのような「職種」や「キャリアアップの方法」があるのかなどを解説していきます。

代表的なキャリアプラン

エンジニアの代表的なキャリアプランは、主に以下の3つがあります。

  • マネジメント

プログラム業務から、プロジェクト全体を支えていくようになるのがマネジメントのお仕事です。
顧客業務の把握や、プロジェクトの進捗管理などをおこないます。

  • 管理職

管理職はマネジメントと混合されがちですが、プロジェクト全体の管理をするマネジメントとは異なり、プロジェクトに関わっている人たちを支えるのが管理職です。

  • スペシャリスト

エンジニアとして開発現場で働き続けたい方には、スペシャリストという選択肢があります。
スペシャリストとは、その名の通り、優れた能力・IT技術を持っている人にあたえられるポジションのようなものです。

さまざまなキャリアプランの形がありますが、「マネジメント能力の高さが求められる」といった点では共通しています。

エンジニアがキャリアアップする方法

エンジニアがキャリアアップするためには、初めにキャリアプランを立てて、それに沿ってスキルを習得していく必要があります。

以下のように進めていくと、スムーズにキャリアプランを立てることが可能です。

  • 将来自分がやりたいと考えていること
  • 自分に向いている業務を再認識
  • 現時点での年齢・経験を考慮して目指すまでの道のりを考える

また、目標の達成期日を設定しておくと、キャリアアップが達成しやすくなるのでおすすめです。

職種ごとのキャリア

近年では、AI、IoT、ビッグデータなどのIT技術が発達し、エンジニアのキャリアパスは多様化しています。
多くの職種がありますが、有名所を5つまとめました。

PM(プロジェクトマネージャー)プロジェクト全体の進行状況の管理をして、納期や品質管理、予算などを調整する責任者。
「管理スキル」「コミュニケーションスキル」などが求められる。
ITスペシャリストITSSと呼ばれるITスキル標準が定めた6つの分野のいずれかにおいて、レベル3以上を満たす必要がある。
各専門分野に対する深い知識・スキルが求められる。
ITコンサルタント顧客の経営に関して、ITの切り口からコンサルティングを行う人。
SEなどの技術職とは違い、経営の観点から物事を考えることが求められる。
インフラエンジニアサーバーエンジニア・ネットワークエンジニアのことを指す。
業務内容は、サーバーの選定・設計・構築・テストなど、サーバーの運用業務全般。
システムエンジニアクライアントの要望から、どのように作業を進めるかのプロジェクト設計など、エンジニアリング業務の上流工程を担う。

失敗しないエンジニア転職サイトの活用法

こちらの章では、エンジニア転職サイトの失敗しない活用法をお伝えしていきます。
さまざまなエンジニア向け転職サイトがありますが、活用方法によって就業先の条件が大きく異なる可能性があります。

エンジニアにおすすめの転職サイトは?

エンジニアにおすすめの転職サイトは、あなたの希望職種の求人数が多い転職サイトを選ぶと良いでしょう。

転職サイトによって強みを持つ職種が異なるため、転職サイト選びを誤ると、あなたの希望と異なる求人ばかり紹介されてしまう可能性があります。

また、転職サイトは求人数の多い職種については専門性が高く、サポート力が高い傾向があります。
これらの理由から、「あなたが希望する職種の求人数が多い転職サイト」を選んでいきましょう。

>>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

未経験からIT業界にチャンレンジできる?

もちろん未経験からでもIT業界に勤めることは可能です。
未経験者歓迎の求人が多い転職サイトや、プログラミングスクールサービスを提供している転職サイトを利用することによって、未経験からでもエンジニアを目指せます。

注意点としては、プログラミングスクールサービスのある転職サイトを活用する場合、年齢制限が設けられている場合があります。

転職サイトをみると上限年齢が記載されているので、そちらも確認してみましょう。

志望動機の書き方は?

志望動機の書き方は、多くの方が悩むポイントです。
エンジニアの方が志望動機を作成するにが、以下の点に気を付けましょう。

なぜエンジニアになりたいのか
(例)
IT技術を目の当たりにし、自分も素晴らしい技術開発者になりたいと思った
論理的志向やプログラミングが得意
エンジニアとして成し遂げたい内容
(例)
喜ばれるアプリやシステムを開発したい
最先端の分野で開発に携わりたい
なぜその会社でなのか
(例)
自分の活用しているアプリを開発している
最先端の設備・技術が整っている

説得力の高い志望動機を作成するためにも、なるべく具体的なエピソードを入れ込むようにしましょう。

1人で考えるのが難しい場合は、キャリアアドバイザーの力を借りてみるのも1つの手です。

>>エンジニアにおすすめの転職サイトに戻る

エンジニアの転職回数は何回までOK?

年齢によって異なりますが、一般的には、20代で3回以上・30代で5回以上ですと多いと感じられやすくなります。

しかし、近年ではキャリアアップのための転職も一般的になってきているため、転職の回数よりも転職理由が重要になってきています。

転職理由を問われた際には、なぜ転職に至ったのか理由を不足なく説明し、身に着けたスキルをアピールしていきましょう。

それにより、転職回数がプラスの印象に変わることもあります。

エンジニアが取得すべき資格は?

エンジニアは資格よりも経験値が重要視されます。
しかし、経験・実績のない未経験者である場合は、スキル基準の目安になるので、資格を持っていることで有利に働く場合もあります。

未経験の方におすすめの資格は以下のとおりです。

エンジニア未経験向け資格

【ITパスポート】
IT系の入門資格の1つです。
ITの基礎知識についての資格なので、エンジニアとして高い評価は得づらいのが事実です。ですが、比較的簡単に取得できるため、未経験者の方は挑戦してみるのも良いでしょう。

【基本情報技術者試験】
SE、プログラマーなどの開発者としての基礎知識についての資格です。勉強時間はおおよそ、500~1,000時間です。初心者向け資格の部類ですが、合格率は3割未満と難易度は高めです。

【CCNA】
シスコ社が主催するエンジニア向けの入門資格です。勉強時間おおよそ、30~100時間です。基礎的なネットワーク知識全般が問われます。

資格によって、難易度や資格取得時間が異なります。
そのため、転職までに取得できなそうな資格はなにかを考えて、取得までの計画を立ててみてください。

エンジニアおすすめ転職サイトまとめ

こちらの記事では、「エンジニアの方に向けておすすめの転職サイト」をご紹介してきました。
エンジニア向けの転職サイトは数が多く、選定に悩んでしまいますが、実際に複数者社利用してみるのがおすすめです。

各転職サイトを比較できるので、自分に合った転職サイトを選び活用していきましょう。

エンジニアの方にとって、この記事がお役に立てれば幸いです。

>>エンジニアにおすすめの転職サイトに戻る